丸みのある可愛らしい裾が特徴的。
メンズシャツではあまり見ない変形デザインです。
衿台は首にフィットするよう、角度をつけています。
バックプリーツはつけず、スマートな着こなしができるようにしました。
前たて(ボタンホールがあるところ)は内側に折り込み、クラッシックな雰囲気をだしています。
珈琲を飲みながら本を読んだり、喫茶店のテーブルについている姿が目に浮かびます。
映画からでてきたようなこんなデザインを四国香川県の織物でつくり、何だか馴染み深いような、外国の映画に入り込んだような、不思議な着心地です。
※お持ちのパソコンや携帯で、色の見え方が違うと思いますが、実際の色に近いのはパソコンで見た時のトルソーの写真です。
他の写真も見て確認したい方は、メッセージの方からご連絡頂けたらとおもいます。

珈琲シャツbotaori

¥16,840価格
  • 香川県伝統工芸品「保多織」
    綿100%
    薄手で柔らかい生地です。
    透け感はありませんが、日にあてると少し透けます。
    珈琲染めで優しく自然な色に仕上がっています。
    江戸時代から伝わる香川県の伝統工芸品「保多織(ぼたおり)」
    肌ざわりの良さと、通気性や吸湿性にすぐれた織物です。
    夏はサラっとした肌ざわりで、冬は冷たさを感じないという特徴があります。
    生地には美しいワッフル状の凹凸があり、一見ざっくりしているようですが、実はしっかりと動きにくいという特徴もあります。

     

0